古い我が家は水トラブルが頻繁に起こってもう大変

water_trouble
新しく購入、建設した家やマンションも年数が経過するごとに傷みが目立つようになります。特に水や湿気が溜まりやすい水周りは家の中で最も劣化が進みやすい部分です。

10年以上の築年数が経過している住宅であれば、何らかの水周りトラブルが起こってもおかしくはない状態です。排水管なども老朽化しており、水周りのトラブルが起こりやすくなっていますので重点的にチェックを行い、必要に応じて修理やリフォームを行うようにしましょう。

目に見える水漏れのトラブルであればすぐに気が付くことができるのですが、目に見えないトラブルはなかなか気が付かず、その被害が拡大してしまう可能性が高くなります。

水漏れを放置しておくと壁や床などにも水がしみ込んでしまって、腐食を起こす原因にもなり得ます。また水漏れが原因でも水道料金は家の所有者の負担になりますので早めに対応しなくてはいけないのです。

それを知る目安が毎月の水道料金です。突然水道料金が大きく跳ね上がり、その心当たりが考えられない場合は、どこかで水漏れを起こしている可能性が考えられます。

水漏れを起こしているかどうかをチェックするのは水道メーターを見てみることです。家の中の水道の蛇口がすべてしまっていることを確認した上で、水道メーターを見てみましょう。水道を使っていないにもかかわらず、メーターが動いていたらどこかで水漏れを起こしている可能性が高いと考えられます。

しかしながら自分でその部分を見つけるのは容易ではありませんので、専門の業者に見てもらうことをおすすめします。