トイレ詰まりに石油ポンプを有効活用できる?

oil_pump
トイレの水が詰まった際、ラバーカップで無理矢理押し流すにしても、ある程度水が引いてからでないとできませんよね。すぐに水が引いてくれるのであればいいのですが、なかなか水が引かなかったりすると作業に移ることができず、いつまでも詰まったままになってしまいます。

そんな時に有効なのが、石油ポンプです。ポリタンクからストーブの燃料缶に移す時に使う、あの赤いシュポシュポするやつですね。これを何に使うかというと、流れてくれない水を汲み出すのに使うのです。早くラバーカップで作業したい。でも水が引かないからできない。それなら、石油ポンプで汲み出してしまえばよいのです。手動のものであれば非常に安価で手に入りますし、トイレに使ってしまっても別にいいかなと思えるでしょう。また、便器は意外と狭いですから、嫌な例えですがコップや皿などで水を汲み出すのにも限界があります。そういったところも含めて、石油ポンプが非常に有効なのです。

石油ポンプで汲み出した水は、バケツなどに集めてどこか別の排水箇所に流せば大丈夫です。さすがにキッチンや風呂場では流したくないでしょうから、外に出て道路脇の排水溝とかでもいいでしょう。それらが終わった後には、ラバーカップで詰まり解消に向けて作業をするだけとなります。

頻繁に詰まるトイレを修理 – 船橋の水漏れ修理110番

ちなみに、トイレの水を汲み出すのに使った石油ポンプは、もう他の用途に使ってはいけませんよ。水が付いているので成分が狂いますし、何より汚いですからね。